機械式時計を長く使うためのメンテナンス費用とは

機械式時計にはオーバーホールが欠かせない!

細かなパーツを何個も組み合わせて製造している機械式時計は、時計を分解して清掃する大掛かりなメンテナンスを定期的に行う必要があります。このメンテナンスのことを専門用語で「オーバーホール」と言います。オーバーホールは一般の人が自力でするのは不可能なので、機械式時計を購入したメーカーか腕時計修理の専門店に持ち込んで作業を依頼することが必要です。このオーバーホールを定期的に行わないといくら高級な機械式時計でも正常に動作しなくなるので、長期間使用した機械式時計は必ずオーバーホールするようにしましょう。使用頻度にもよりますが、3年周期ごとにオーバーホールするのが一般的です。きちんとオーバーホールをした機械式時計は狂うことなく、いつまでも長く使用することが出来ますよ。

オーバーホールの費用はどれくらい?

機械式時計を長く使い続けるために欠かせないオーバーホールですが、簡単な作業で終わるクォーツ式の時計に比べて高額になるという特徴があります。メーカーにもよりますが、機械式時計をオーバーホールするためには最低でも5万円の基本費用が必要になります。もし複雑な機構を備えた機械式時計ならさらに費用は高くなり、10万円程度の金額になることもあるようです。そしてこれはあくまでも基本の費用なので、内部のパーツが壊れていたり消耗していたりすると、そのパーツの交換費用も上乗せされます。このように機械式時計のメンテナンスには大きな費用がかかりますが、しっかりとオーバーホールをすることで10年以上愛用することが出来るので、長いスパン使用することを考えれば決して高いメンテナンス費用だとは言えないかもしれません。